アクセスカウンタ

<<  2007年3月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
かずさやの越中褌
かずさやの越中褌 浅草仲見世の和装用品店「かずさや」さんで越中褌を買う。 510円。 浅草はお祭り用品店や和装小物店が多く、いつきても楽しいところだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/03/29 21:27
褌着用時の用便について
みもふたもない題で申し訳ありません。 今回は褌を締めているときのトイレについてです。 まずは「小」のときですがこれは前袋を横にずらして、陰茎を露出させて小便をします。 越中や前垂れ式の六尺の場合は「前袋」を引っ張れば緩み、用が終わったときは逆に「前垂れ」をひっぱれば締まります。 もっこの場合はカーテンのように前垂れを横にずらすことができるので便利です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 5

2007/03/27 13:17
褌各部の名称
褌各部の名称 六尺褌を例に、褌各部の名称を示しておきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/26 19:21
『褌』 福富織部
『褌』 福富織部 『褌』 福富織部 玄泉堂書店 昭和2年発行 昭和二年発行の本。著者は本名を松本實という以外は経歴不詳の人物。 他に『屁』『臍』いう著書もあり、本書とあわせて三部作であるそうです。 『褌』は褌にまるわるいろいろな研究や記録や逸話を集めた本で、その収集力には感服しますが、執筆者や出展がはっきりしないものも多く、相当に読みにくい本です。 好事家なら手にいてれて悪くない本、といったところでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/03/24 09:34
あだち屋の六尺褌用生地
あだち屋の六尺褌用生地 浅草「ひさご通り」にある祭り用品店「あだち屋」さんも褌愛好家間では有名な店。 お祭り用品店で褌を扱っている店は多いのですが、ここは「六尺褌用の生地」を売っている珍しい店なのです。 私は、早坂伊織さんの「男、はじめて和服を着る」を読んでこの店を知りました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/03/19 08:09
晒木綿と綿モス
六尺褌を作るのに最も簡単なのは晒し木綿を切って使うことだ、以前も書きました。 晒木綿のいいところは安価で手に入りやすいことです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/03/15 01:48
『パンツの面目ふんどしの沽券』 米原万里
『パンツの面目ふんどしの沽券』 米原万里 2006年5月に卵巣癌で亡くなった米原万里さんの『パンツの面目ふんどしの沽券』 はとても刺激的な本です。露西亜語翻訳家で、作家/随筆家の米原万里さんの本はどれもとても面白いのですが、ふんどし愛好家としてはこの本は必読書でしょう? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/03/13 07:43
褌の締め方(?)
褌の締め方(?) 先日買った褌についてきた「褌の締め方」という紙。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/03/11 08:05
T字帯
T字帯 越中褌の入門編としてお勧めなのが「T字帯」です。 これは、簡単な作りの越中褌で、大きな病院の売店や介護用品を扱う店などで売っています。 何故初心者にお勧めなのかと言うと、値段が安いこと、買うのに心理的抵抗がないなど利点があるからです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/03/10 15:54
『男の粋!褌ものがたり』
『男の粋!褌ものがたり』 『男の粋!褌ものがたり』 越中文俊 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/03/08 10:09
麻の褌
麻の褌 トスコというリネンメーカーが作っている麻の褌を買いました。 正確には麻50%木綿50%。 とても薄くて繊細な感じです。 夏用としてとっておきますので使用感は後ほど報告。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/03/07 13:00
クラシックパンツ
クラシックパンツ 越中褌は、クラシックパンツという名前で売られていることもあります。 「褌」「ふんどし」という言葉がやや恥ずかしい感じがするということなのか、「クラシックパンツ」のほうが格好が良いということなのか・・・? 実際、言葉に関する理不尽な自主規制が広く行われている放送業界では、「褌」という言葉は「下帯」に言い換えることが慣例化しているようです。 褌が報道などに登場するときは大抵、祭りや神事、寒中水泳などの行事の際が多く、この場合の褌は下着でなくて、正式な衣装ですから、なにをはばかることがあると... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/03/05 19:28
越中褌の涼しさ
越中褌の涼しさ 近年、一般の下着売り場でも越中褌を見かけるようになりました。 1000円〜1500円のものが主流のようですが、縫製もしっかりしているものが多いようで喜ばしいことです。 これはどうやら政府推奨の「クール・ビズ」キャンペーンの流れに乗ったものらしい。パンツよりも、夏でも涼しい越中褌を、というわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/03/02 15:40

<<  2007年3月のブログ記事  >> 

トップへ

☆お役立ちリンク★

褌〔ふんどし〕生活 2007年3月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる